スーリルブーケ 最終確認でのこだわり

花嫁さまがお式中、最後まで笑顔(sourire)でいられますように

花嫁さまが、最後までお式を楽しめように・・・。
ブーケがキッカケで、いやな思いをされないように・・・。

そんなことを思いながら、丁寧に制作しております。
作品を商品と言うなんて、出来ないし…

ブーケ制作までの下準備も、
ただの作業だなんて思っていません。
一本一本カットしたお花をワイヤリング、テーピング。
この工程は作業ではなく、立派なブーケになるまでの、大切な準備なのです。
これを疎かにしては、良いブーケなんて生まれません。

sourire bouquet スーリルブーケで、一番気を付けていることは、
造花ならではのこと・・・。
生花をずっと勉強してきたからこそ!
許せないこともあるのかもしれません。笑

クラッチブーケのステム(茎)の先端は、少なからずワイヤーが見えています。
そのワイヤーが、ドレスに引っかかって、万が一破れてしまったり…
なんてことになったら、大変です。
レースのドレスなら、引っかかりやすいかもしれませんね。

だから、いつも、気を引き締めてつくることが大切ですね☆彡

なにかが起こってからでは遅いのです。

ビックリされましたか!?笑
木工用ボンド!?
そうなんです。
これをつけて、乾かしてはつけて、乾かしてはつけて
を、繰り返します。
木工用ボンドは、乾くと透明になるんですよ!!
膜ができて、ワイヤーも気になりません!!

これで大丈夫!!

花びらの「ほつれ」は、許しません!!

造花は、布はポリエステル、ポリエチレン…
人工的なものです。
そこは、造花なので仕方ないですね。

ですから、花びらに「ほつれ」が生じてしまうのは
残念ながら否めません。

それは、生花にないところ、だから許せませんよね。
「やっぱり、造花だもんね」って、ゲストに言われるより、
「え!?これ造花なの??」って、言われるほうが、
嬉しいですよね!^^

「ほつれ」は、はさみでカットして、
またほつれてこないように、花びらのふちを、そーっと木工用ボンドで薄く塗ります。
そうすると、もう大丈夫ですよ!!!

これが、私のいつもしていること★
欠かすことのできない大切な工程です。

 

 

オーダー&お問い合わせ

大切な日のお手伝いをさせていただけること
本当に嬉しく、幸せだと思っております。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です